印鑑

認印と実印の違いは本人であることの証明ができるかどうか

認印

大切な契約のときには実印を使うかもしれませんが、普段の生活においては認印を使用しているに違いありません。わざわざこうして使い分けしているのはどうしてなのでしょうか。そもそも実印と認印との違いはどのようなものなのでしょうか。そして絶対にこの両方をつくる必要があるのでしょうか。
基本的に認印というのは書類などを見て確認を確かにしましたという証拠を示すという意味合いがあり、使われるものです。それほど重要ではないので、100円均一などで大量に作っているようなものでも問題がなく、そこに匿名性というものはあまり必要がない場合ということになります。
ですが実印ということになると、その印鑑はそれが本人であることを証明するものとなるのであり、自治体で印鑑登録をすることで印鑑登録証を発行してもらうことができ、それを使用しているものがだれであるかということを明らかにすることになります。それでその印鑑登録するための印鑑というのは、印影が一般的なものであると簡単に偽造ができてしまうために悪用される危険がないわけではありません。特に大切な契約や高額な取り引きをする場合に使用したりするので、実印というのは印影が偽造されにくい、複雑なものにするなどの工夫が求められます。

新着情報

印鑑と朱肉

2016/09/09

実印はとても大事な印鑑です

実印とは、住民登録をしている役所に、自分の戸籍上の姓名を彫刻したハンコで「登録してある印鑑」のことです。見た目がりっぱですごく高価な印鑑であっても登録していないものは実印とはいいません。あえて言えば、100円ショップで買ったものでも登録してしまえば、それが実印となるのです。実印はハンコの中で、もっとも重要な役割を果たします。法律上・社会上の権利…

MORE


TOP

Copyright © 2016 インターネット通販でも現在は簡単に作れ実印の意味と役割とは All Rights Reserved.