印鑑

実印はどんな時に必要?認印との違いは?

済

日本において、ハンコはサイン同様に個人や団体の印として公私の文書に残すことで、その責任や権威を証明すると言う生活にとって重要な役割を持っています。ハンコの中でも特に実印は、住民登録のある市町村役場で登録したハンコであるため、法的にも社会的にも最も重要な効力を持つハンコと言えます。では、実印はどのような時に必要なのでしょうか?
例えば、分譲住宅やマンションなどの不動産や自動車を購入する場合や保険金などを受領する場合、金銭貸借などで公正証書を作成する場合、遺産相続する場合などがあります。実印の使用頻度は多くありませんが、人生の中で必ず何回かは使用するハンコと言えます。
普段使う認印と実印とでは、どのような違いがあるのでしょうか?大の違いは、公の行政機関に登録されているかどうかと言う点です。実は、実印も認印も法的な効力は同じとされています。そのため、契約書などで認印を押しても法的な効力は発生します。しかし、その契約書に押されたハンコが本人の意思で押されたかどうかと言うような争い事になった場合、実印が押されていれば、本人の意思で押された契約書だと言う証明力がより強くなるのです。
なぜなら、公に認められた印鑑証明の登録がされている実印の方が認印よりも信頼性が高く、一般的に実印は認印よりも厳重な管理下に置かれ、より慎重に押されるからです。

新着情報

印鑑と朱肉

2016/09/09

実印はとても大事な印鑑です

実印とは、住民登録をしている役所に、自分の戸籍上の姓名を彫刻したハンコで「登録してある印鑑」のことです。見た目がりっぱですごく高価な印鑑であっても登録していないものは実印とはいいません。あえて言えば、100円ショップで買ったものでも登録してしまえば、それが実印となるのです。実印はハンコの中で、もっとも重要な役割を果たします。法律上・社会上の権利…

MORE


TOP

Copyright © 2016 インターネット通販でも現在は簡単に作れ実印の意味と役割とは All Rights Reserved.